スポンサーリンク

宮古島を壊滅させた過去最大級と同等!台風対策、しっかりできていますか?

台風8号(マリア-Maria-)はかなり早いペースで発達し、5日21時に暴風域を伴い始め、6日0時には「強い」勢力になりました。その後わずか9時間後の同日9時には「非常に強い」勢力になり、さらに9時間後の同日18時には「猛烈な」勢力にまで発達しました。

5日18時から6日18時までの24時間で中心気圧は72hPaも低下し、本州付近の梅雨前線に向かって、湿った空気を送り込んだために西日本を中心にした記録的な大雨の原因の一つとなっています。

電柱の倒壊、貨物コンテナや車も吹き飛ばされ漁船が何隻も沈没、マンゴーを始め農作物は壊滅、ライフラインの寸断による県民生活や観光業への大打撃が予想されます。

航空、船舶の長期運航ストップで経済の寸断、生活物資不足も心配です。特に独り暮らしの高齢者の避難を今からやるべきかもしれません。

南西諸島全域が暴風域に入る巨大台風が来ます。皆様、万全の備えを!

家の外の備え

大雨が降る前、風が強くなる前に行いましょう。

  • 窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。
  • 側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく。
  • 風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、家の中へ格納する。

家の中の備え

  • 非常用品の確認

    懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など

  • 室内からの安全対策

    飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。

  • 水の確保

    断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

避難場所の確認など

  • 学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。
  • 普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。
  • 避難するときは、持ち物を最小限にして、両手が使えるようにしておく。

非常持ち出し品を用意しましょう。

以下は非常持ち出し品の一例です。

  • リュックサック
  • 飲料水、乾パンやクラッカーなど、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビンなど
  • 救急医薬品、常備薬、マスク、紙おむつ、生理用品
  • 現金(小銭も)、預金通帳など、印鑑、健康保険証など、身分証明書
  • 下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴
  • ナイフ、缶切、鍋や水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てのカイロ、ティッシュなど、筆記用具、ごみ袋
  • 防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡など、地図

暴風による災害

平均風速15~20m/sの風が吹くと、歩行者が転倒したり、高速道路での車の運転に支障が出始め、更に強くなると建物の損壊、農作物の被害、交通障害など社会に甚大な被害をもたらします。

また、風で飛ばされてきたもので電線が切れて停電したり、最大風速が40m/sを超えると電柱が倒れたりすることがあります。

さらに、台風の周辺では、暖かい空気が流れ込み大気の状態が不安定となり、活発な積乱雲が発生して竜巻等の激しい突風を伴うこともあります。

やむを得ず外出している場合は・・・

外出先、とりわけ地下空間は、雨の強さや天候の急変が分かりにくいうえ、地上が冠水すると一気に水が流れ込み、地上に避難することが困難になる恐れがあります。特に地下空間を利用する方は、早めの避難を心がけてください。

高波による災害

台風の中心付近では10mを超える高波になることがあります。また、台風が日本のはるか南海上にある場合でも、台風によって発生した高波が"うねり"となって日本の太平洋沿岸まで伝わってきます。

穏やかな天気でも海岸には高波(「土用波」とも呼ばれます)が打ち寄せることがありますので注意が必要です。台風や発達した低気圧が近づいて波が高くなってきている最中に海を見るために海岸へ出かけたりして、高波にさらわれる事故が毎年のように発生しています。波浪警報・注意報が発表されているときは、むやみに海岸には近付かないでください。

避難することになった場合はどうするべき?

遠くの避難場所へ避難するより、隣近所の二階以上の頑丈な建物に避難させてもらうほうが安全な場合もあります。避難する場合は、周囲の状況なども総合的に判断し、行動するようにしましょう。

避難の前には火の元の確認をする

避難する際には、火の元、ガスの元栓、電気のブレーカーを落とし、戸締まりを確認しましょう。

避難するときは軽装で

避難の際は持ち物を最小限にして、両手を自由に使えるようにしておきましょう。

役に立つかもしれないリンク集

ラジオ

宮古島地方気象台 防災業務課

ホームページ
https://www.jma-net.go.jp/miyako/
電話
0980-72-3054

詳しい防災

【ブログ】闘牛百話・牛・馬・沖縄・四方山話

★’18台風情報(18)-ウルトラ・スーパー台風8号用週末の対策!!-

普段は沖縄の伝統文化の一つである闘牛をテーマにしたブログを書かれているようですが、良くまとめられていたのでご紹介させていただきました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事