スポンサーリンク

地域の伝統行事、ミャークヅツで五穀豊穣・子孫繁栄祈願を!

みなさま、おはようございます☀️

💐第44代ミス宮古島 ブーゲンビレアの宮国美里(みやぐにみさと)です。

季節の変わり目で体調管理が難しい時期ですが、いかがお過ごしでしょうか?

11月3日〜6日に宮古島の西原地区、池間島、そして私が生まれ育った伊良部島の佐良浜地区で、伝統行事である”ミャークヅツ“が行われました。

西原地区、池間島、佐良浜の伝統行事、ミャークヅツとは?

ミャークヅツでは、お揃いのハッピや鉢巻き(タオル)を巻いて豪快なクイチャーを踊ったり、女性たちが神歌を歌ったりして、豊作や豊漁・子孫繁栄・地域の繁栄を祈願します。

神歌は、豊漁や子孫繁栄を祈願する歌詞で、それをツカサという神の使いが歌い、ヒヤサッサーで子孫繁栄や豊漁を喜んだり、祝ったりする意味があるそうです。

佐良浜のミャークヅツは2つの地区で行われます。

佐良浜ミャークヅツは、池間添は「池間村」・前里添は「前里村」として、2つの地区に分かれて行われています。

それぞれの場所には「家」と呼ばれるものがあり、池間添は本村家、前里添は中村家として、家の名前もあるそうです。

なぜそのような名前になったかは、昔からあった話で、残念ながら詳しくは分からないそうです。

ですが、「家」は、昔のミャークヅツ発祥当時の地域の主の名前だと思われます。

昔からのことで、わからない点がたくさんあるそうです。

こうして考えてみると、地域の伝統行事に目を向けることの大切さを実感しました。

なぜか分からないまま今日まで引き継ぎ、当たり前に過ごして来てしまったことを、とてももったいなく感じます。

しかし、伝統を残すべく、今でも祭りを大切にしている池間の血が流れる方々。

今では多くの方が故郷に対する思いや誇りが薄れていくなか、約200年もの間、ミャークヅツを絶える事なく続けてきた事は、島の人たちの熱い思いを感じます。

皆様も機会があれば、ミャークヅツに足を運んでみてください(^ ^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事