スポンサーリンク

ゴーヤの和え物を美味しく作るポイント

梅干しの酸味が食欲を増進してくれますし、ゴーヤの苦味もビタミンたっぷりですし、夏バテ防止にはぴったりです!

ちなみに、宮古の方言ではゴーヤではなく「ゴーラ」です!

ゴーヤの苦味が苦手な方は下処理を丁寧に!

ゴーヤは白い綿を取ると苦味が少なくなります。また、ゴーヤは青い固いものよりも、熟したものの方が瑞々しく、サラダには最適です!

サッと洗う!

水に浸したりせず、ザルでサッと洗うだけ!苦味が苦手な方はここで水に晒すと苦味が無くなりますが、栄養素も流れてしまいます。

冷蔵庫で30分冷やす!

洗って水を切ったゴーヤを30分、冷蔵庫で冷やします。30分冷やすことでゴーヤがパリッとシャキッとして食感が良くなります!サラダにするならこのやり方はおすすめです!

梅干しは塩分が強めのものを!

甘めの梅干しよりは塩分8%~10%のものがベスト。あんまり甘すぎると和え物に向きません。

鰹節はレンチンで水分を飛ばすとさせて!

ソフトパックの鰹節でも良いのですが、20秒ほどレンジにかけて放置しておくと、水分が飛んでバリバリになります。食感が良くなるテクニックです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事